【セリフ絵本】わにさんどきっ はいしゃさんどきっ|おすすめポイント3選

picture-book-crocodile-and-dentist 絵本

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ|どんな絵本?

今回ご紹介する絵本は、「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」です。

作:五味太郎、1984年に発行されました。

当ブログでは、「そら はだかんぼ」に続く五味太郎さんの絵本のご紹介となります。

【ユーモア絵本】そら はだかんぼ!|おすすめポイント3選
そら はだかんぼ!|どんな絵本?作:五味太郎1987年3月に発行された絵本です。なんと、35年前に誕生した絵本。図書館で手に取って面白かったので、思わず借りちゃいました。長い年月を経て親しまれること...

対象年齢は5、6歳ごろ。

わにと歯医者さんが登場するお話です。

虫歯を治療するため、いやいやながらも歯医者に向かうわにさん。

同じセリフをわにと歯医者さんがそれぞれ言いました。

「ゆっくりあそんでいたいけど いかなくちゃいけないよね」

わには歯医者へいかなくちゃいけない。(嫌だけど)

歯医者さんはわにの対応へいかなくちゃいけない。(嫌だけど)

同じ言葉なんですが、それぞれの状況を面白く表現しています。

その後も、「こわいなぁ」とお互いが言います。

わには虫歯治療が怖い。

歯医者さんは、わにが怖い。

意味が違うんです。

大人のわたしでも、不思議な感覚になって夢中になりました。

言葉の理解が進むほど、楽しめる絵本となっています。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ|おすすめポイントを3つ紹介

おすすめポイントは次の3つ

  • 歯磨きができるように
  • 人の気持ちを考えるきっかけに
  • パパとママが参加できる

1つずつ詳しくご紹介していきます。

歯磨きができるように

虫歯が痛くて歯医者にいくことを決断したわにさん。

本当なら行きたくありません

頑張って我慢して、歯医者さんと揉めながらも無事に治療は終了。

帰り際に放った一言。

もう二度と会いたくない。

だからはみがきはみがき。

これは、子どもに歯磨きの大切さを伝える絶好のチャンスです。

「歯磨きしなかったら、わにさんみたいに歯がイタイイタイになるよ」

「お手伝いするから一緒にやってみよう!」

こんな声掛けをすれば自ら動いてくれるはず。

絵本ナビのレビュー記事では、歯磨き嫌いを克服した!自分からやるようになった!など嬉しいコメントが寄せられていました。

うちの子、歯磨きで困ってる…というパパママは必見です。

図書館に置いてあるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

人の気持ちを考えるきっかけに

同じセリフなんだけど、それぞれの立場がうまく表現された本作。

4、5歳あたりで、言葉の理解が進んでくると、また違った楽しみ方があるんじゃないかなと思います。

それが、「人の気持ちを考える」です。

例えば、作中でお互いが「もう ひどいじゃないか」と言い合うシーンがあります。

どうしてわにさんはこんな表情なんだろう。対する歯医者さんはどんな気持ちなんだろう。

語りかけて考えさせる。すると相手の気持ちに気付くことができる。

こんなやり取りが続くので、学びの連続だと思います。

ストーリーが面白いので、楽しんで学べる絵本となっています。

なんと、わたしの2歳娘もニコニコ楽しんでいました。絵の雰囲気や言葉遊びで十分楽しさは伝わります。

2歳~5歳くらいまで活躍してくれますね。

パパとママが参加できる

「読み聞かせ」と聞くと、親のどちらかが子どもを膝に乗せるシーンを思い浮かべますよね。

もちろん、その通りの読み聞かせでも楽しい絵本です。

しかし、さらに楽しい方法があります。それはパパママ参加型の読み聞かせです。

わにと歯医者さんは同じセリフをそれぞれの立場で語っています。

演じるのが2人の方が、より物語が伝わるんじゃないかと感じました。

お父さんがわに!お母さんが歯医者さん!

役になり切って、演じてあげればお子さんは大喜びでしょう。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ|おすすめしたいパパママ

最後に、この絵本をおすすめしたいパパママをお伝えします。

こんなパパママにおすすめ

・歯磨き嫌いを克服したい

・パパママが一緒に参加する読み聞かせの機会がない

・相手の気持ちを理解できるようになってほしい

絵の雰囲気、言葉遊び、ストーリーが楽しめる本作。

ユーモアたっぷりでなるほど!と大人も驚くアイデアがつまった素敵な絵本です。

家族みんなで笑って過ごせる時間が待っていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました