【ユニーク絵本】ジェリーのあーな あーな│おすすめポイント3選

picture-book-dog-dive-into-a-hole 絵本

ジェリーのあーな あーな│どんな絵本?

今回ご紹介する絵本は「ジェリーのあーな あーな」です。

作:矢野アケミ、2009年に発行されました。

対象年齢は1〜3歳ごろ。

黒色のワンちゃん、ジェリーが主人公。

ジェリーは穴が大好き。

どんな穴でも、見つけたら入ってしまいます。

はじめは、砂場に掘った砂のトンネル。

頭を突っ込んで楽しんでいます。

それから、長靴、ドーナツと次々に穴に潜り込むジェリー。

あれ?穴がどんどん小さくなってるのに、ジェリーが中に入ってる!?

ん?もしかして、ジェリーが小さくなってるの!?

読み進めると、こんな驚きが待っています。

わたしも初めて読んだとき、「おもしろい!」と声に出して笑っちゃいました。

こんな絵本は、はじめて読みましたね。

子どもが声を出して笑う、楽しい絵本となっています。

ジェリーのあーな あーな│おすすめポイントを3つ紹介

おすすめポイントは次の3つ

  • 読み聞かせが簡単
  • 子どもの好奇心が爆発
  • ユニークな展開で親子時間が楽しくなる

1つずつ詳しくご紹介していきます。

読み聞かせが簡単

セリフのほとんどが「あーな あーな」です。

これだと、読み聞かせるのが簡単ですよね。

しかし、単調じゃないんです。

潜り込むアイテムや食べ物がユニークなので、パパママも気分が乗ってきます。

その流れで、さまざまな「あーな あーな」を聞かせてあげてください。

こんなおもしろい絵本、「もう一回!」とリクエストされること間違いなし。

ですが、読み聞かせが簡単なので、パパママも負担なくリクエストに応えることができます。

子どもの好奇心が爆発

少しネタバレになってしまいますが、

砂のトンネル、長靴、ドーナツ、おでんのちくわ。などなど

どんどん小さくなる穴に果敢に潜り込むジェリー。

その姿がなんとも可愛らしくて、おもしろい。

これは、子どもの好奇心が爆発するんじゃないかと思います。

楽しすぎて、家中の穴に潜り込もとするお子さんも出てくるかもしれません。

あーな あーなと言いながら、穴に潜り込むご家庭が増える。そう考えると、なんとも愉快で平和な世界ですよね。

ユニークな展開で親子時間が楽しくなる

これまでお伝えしたとおり、ユーモアたっぷりで先が想像できないお話なので、大人もめちゃくちゃ楽しめます

まだ言葉が理解できない1歳前後でも、繰り返す言葉や絵の雰囲気でニコニコ笑ってくれるはず。

お話がわかってくる2、3歳なんかは、ケラケラ笑ったり、モノマネしたり、子どもが一人で読む姿をパパママが見守ったり。

そんな暖かい親子の時間をプレゼントしてくれる、素敵な絵本になっています。

ジェリーのあーな あーな│おすすめしたいパパママ

最後に、この絵本がおすすめのパパママをお伝えします。

こんなパパママにおすすめ

・シンプルで我が子にウケる絵本を探している

・ユーモアがあって面白おかしく可愛い絵本があるなら欲しい

・繰り返し読んでも疲れない絵本がいい

子どもが思わずマネしたくなる言葉や動きが魅力的な絵本。

このあとどうなっていくの!?というワクワクする気持ちをお子さんと楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました