【パンの冒険絵本】そらとぶパン|おすすめポイントを3つご紹介

picture-book-flying-bread 絵本

今回ご紹介する絵本は、「そらとぶパン」です。

作:深見春夫、2001年に発行されました。

対象年齢は2〜7歳ごろ。

こちらの絵本は、1ページ目から釘付けになる物語。

山のトンネルから、とてもいいにおいがします。

あれ?何かが線路を走ってきました。

列車かな?いや、違う。パンです!しかも焼き立ての。

冒頭から、「パンが走ってくる」という衝撃の展開。

その後、パンが駅に到着します。

列車を待っていた人たちは、「うわぁパンが来た!」と大はしゃぎ。

それだけでは、終わりません。

なんと、パンに乗り込みます

座席みたいにひとりひとり座れる穴が開いてるんです。

乗客を乗せて走り出したパン。

橋を超え、野を超え快適に走ります。

すると、向こうから本物の列車がやってきました!

うわぁぶつかるー!!

大事故になるかと思いきや、寸前でパンがフワリと空へ

パンが空を飛んだのです。

そのあと、面白い雲と出会ったり、パンの国で過ごしたり、怖い思いをしたり。

そらとぶパン|おすすめポイントを3つ紹介

おすすめポイントは次の3つ

  • 非現実的な展開にワクワク
  • パンが食べたくなる(好きになる)
  • 好奇心や想像力が刺激される

1つずつ詳しくご紹介していきます。

非現実的な展開にワクワク

焼き立てのパンがトンネルから出てきて、

座席みたいに穴があいてて、

そこに人が座って、

走り出す。

非現実的でワクワクしませんか?

親子でワクワクできる物語になっています。

多くを語ると物語のネタバレになるので控えますが、その後の展開も摩訶不思議

最後まで、現実の世界では味わえない経験をさせてくれます。

絵本の世界にどっぷりハマって楽しめますよ。

パンが食べたくなる

焼き立てのパン列車をはじめ、パンの国でさまさまな工夫をこらしたパンが登場します。

乗客たちは、パンの国の住人に歓迎されてお腹いっぱいご馳走になるんです。

シンプルに一言。美味しそう!!

「なんだか、パンが食べたくなったな。」

これがわたしの感想です。

パンが苦手なんです。というお子さんも、絵本を通してパンに親しみを持つんじゃないかなと。

読み終わったあと、「パンの国に行く?」なんて誘ってパン屋さんに行ってはいかがでしょうか。

もしかしたら、何が変化があるかもしれません。

好奇心や想像力が刺激される

1つの目のポイントでお伝えしたとおり、非現実的な展開にワクワクさせられます。

次はどうなるんだろう?

こんなことが起こるの!?

無事に助かるかな?

こんな言葉や気持ちが出てくる物語になってます。

まるで自分が絵本の世界に降り立ったような、そんな錯覚を楽しめる作品になっていました。

そらとぶパン|おすすめしたいパパママ

最後に、この絵本をおすすめしたいパパママをお伝えします。

こんなパパママにおすすめ

・好奇心や想像力が豊かになってほしい

・パンが大好き(好きになってほしい)

・我が子と絵本の世界に入り込みたい

とても楽しいパンの旅。

読み終える頃には、お腹がペコペコかもしれませんね。

この絵本をキッカケに、パン作りを始めるご家庭もあったそう。

ぜひ、そらとぶパンを堪能してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました