【愛でる絵本】なでなでももんちゃん│おすすめポイントを3つご紹介

picture-book-love-momon-chan 絵本

なでなでももんちゃん│どんな絵本?

今回ご紹介する絵本は「なでなでももんちゃん」です。

作者は、とよた かずひこ先生、2016年に発行されました。

対象年齢は0〜3歳ごろとなっています。

大人気の「ももんちゃんシリーズ

今年で20周年を迎えたそうです。

その中から、今回は¨なでなで¨を選びました。

冒頭、金魚とおばけが登場します。

なにか、様子がおかしい?泣いています。

お腹が痛いみたい。

金魚さんとおばけさんのお腹、

なでなでしてくれる?

ページをめくると、

警戒心ゼロで金魚とおばけがお腹を見せて寝ています。

金魚とおばけをなでなで。

あっ!お腹が痛いの治ったみたい。

ありがとうって言ってるよ。

こんな風にお話が進んでいきます。

この絵本は、「なでなで」で世界を救うお話です。

少し大袈裟でしたね。

なでなでももんちゃん│おすすめポイントを3つ紹介

おすすめポイントは次の通り

  • 思い出の作品になる
  • はじめての共同作業
  • 親も癒やされる

1つずつ詳しくご紹介していきます。

思い出の作品になる

娘がまだまだ小さかった0歳の頃から読み聞かせていた絵本。

私たち家族にとって、とても思い入れがあります。

・手を自由に動かせない時期

・言葉を発することができない時期

・「なでなで」が少しできるように

・フーフーと息を吹きかけれるように

・ももんちゃんカワイイねぇと愛でながら、なでなでしたり

子どもの成長に伴い、できることが増えていることを実感する絵本です。

はじめての共同作業

あれ?金魚さんお腹痛いみたい。

「なでなでしてみよっか?」

そう語りかけて、娘の手を取り一緒になでなで。

子どもは、なでなでってこうするんだ!

と新しい学びがあります。

自分がなでなでしてあげた金魚さん、ページをめくるとニコニコしています。

上手になでなでしてあげたから、お腹痛いの治ったんだって!

ありがとうって言ってるよ。良かったね。

こんな言葉を娘に掛けると、ご満悦な顔をしていました。

優しい心を育むと同時に、

「なでなで」「フーフー」「よしよし」これらの言葉を覚えるキッカケになります。

親も癒やされる

「なでなで」という言葉は、とても心が温まります。

読み聞かせると、親の心もぽっかぽか

2歳ごろになると、お世話したい!という欲が芽生えるのか、この絵本を繰り返しリクエストする時期がありました。

絵本が擦り切れるくらい、なでなでよしよしすることに。

仕事や家事、育児で疲れたパパママの心を癒やす時間になりますよ。

なでなでももんちゃん│おすすめしたいパパママ

最後に、なでなでももんちゃんをおすすめしたいパパママをご紹介。

こんなパパママにおすすめ

・我が子の成長を身近で感じたい

・お世話が大好き(思いやる心を育みます)

・パパママが癒やしを求めている

なでなでももんちゃんを通して、お子さんの成長を感じてください。

この前までママの読み聞かせを聞いてるだけだったのに、自ら手を伸ばしてなでなでした!

こんな嬉しい瞬間に立ち会えますよ。

思い出の1冊にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました